相手をよく観察してみよう

看護師として病院で働いていると、仕事で悩みを抱えることもあるだろう。そうした悩みを上手く解消するのも、看護師の務めであると言えるのではないだろうか。
病院での仕事で直面しやすい悩みが、人間関係である。看護師は患者さんと接する時間が長いため、看護師と患者さん間でのトラブルを抱えるケースは多い。人間同士であるため、こうした関係の問題が生じるのは仕方がないだろう。しかし、できれば患者さんとの良好な関係を築けたほうが良い。その方が、看護の仕事もはかどるというものだ。
患者さんの中には、気難しい性格の人もいるだろう。そういった人とは、関係もこじれやすいと言える。まずは、相手がどういった事柄だと機嫌に変化が現れるのかよくよく観察してみるのが重要である。そうやって観察することで患者さんと話すきっかけを掴むことができれば、コミュニケーションも取りやすくなるだろう。じっくりと話してみれば、以外と話が分かる相手だと分かる可能性も高いかもしれない。
実は互いに理解してなかっただけで、意外な事から仲良くなれるというのも珍しくはない。病院での人間関係は、悩む前にまず積極的にコミュニケーションを取っていく姿勢が大切だと言えるだろう。そうすれば、看護師が患者さんとの関わり方で悩む問題は、いつの間にか解決できているはずだ。
また、患者さんとのコミュニケーションを取る際は、他の看護師の助けを借りるのも患者さんとの関係作りに有効な方法である。一人では話すきっかけが掴めなくとも、他の看護師の助けでコミュニケーションを取れる可能性も出てくる。
一人で苦労するよりも、同僚たちの助けを借りてより良い関係を構築していけるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です