病院勤務ではより良い人間関係の構築が必要

病院の規模は、受け入れる患者が数十人という中小規模から、数百人という大規模なものまで様々である。
また、病院には一つの診療科だけが存在しているわけではない。規模が小さい場合は数種類程度だが、規模が大きくなるほど診療科の数は増える傾向になる。患者数だけではなく、医療に従事している職員の数も多くなる傾向にある。直接医療に従事するわけではない裏方の業務を行っている事務や、管理部門、清掃部門などを入れると、職員数は数百名規模になるのは珍しいことではない。
医療従事者と非医療従事者でも連携して働く必要があるため、病院で勤務する場合は医療従事者と非医療従事者という枠を超えてより良い人間関係を築くことが重要だ。連携が不十分だった場合、迷惑を被る可能性があるのは患者さんである。連携が不十分というのは患者さんに関係ないため、医療と関係ない部分で迷惑を掛けない配慮を意識することが大切だ。
より良い人間関係を築くためには、まず患者さんを第一に考える意識の共有がポイントとなるだろう。これは、医療機関で働く者の全てが共有しておかなければならない意識である。
また、イベントへの参加もより良い人間関係の構築に効果的だ。イベントというのは、病院が開催する忘年会や新年会、レクリエーションがある。これらに参加すれば、様々な部門の職員と顔見知りになれるため、仕事に良い影響を及ぼす。また、地域のお祭りに参加する行動についても、同じ医療機関で働く者と打ち解けるための良い機会の一つと言えるだろう。イベントには積極的に参加して欲しいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です