常日頃の意思疎通が大切

病院で勤務している人にとって、職場での人間関係が上手く行かない弊害に仕事への悪影響が出てしまうという事が考えられる。
病院という職場は仕事を一人で行う事はできないのだ。なぜなら、チームワークで仕事を行わなければ十分なサービスを患者さんに提供する事ができないからだ。特に、手術など命に関わる可能性のある職務に就く場合には、看護師間だけでなく、医師とも十分なコミュニケーションを取る必要がある。手術では、一秒たりとも無駄には出来ないため、口頭で意思疎通を図ったいる暇ない。相手が次の作業で何を行おうとしているのかを察知することが、意思疎通をするうえで大事なことである。手術では、看護師は適切な手助けを行う事が重要だ。
しかしながら、普段から十分なコミュニケーションが取れていない職場で急に手術などが入ってしまうと、お互いに意見を述べ合い効率的な仕事をする事が出来なくなってしまう恐れがあると言える。そのため、病院に入院している患者さんの体調に関する記録や、特徴などを普段から正確に把握しておき、それを医療関係者同士で常に共有する事のできる人間関係を常日頃から構築しておく事が望ましいと言えるのである。
ところが、医療機関に勤務する職員同士が円滑なコミュにケーションを取るための仕組みは整えられていないというケースが多いのではないだろうか。そのため、医療に関する疑問や提案などを常に話し合いを行う事によって、お互いの医療に対する考え方を知るきっかけとなり、院内での人間関係もより円滑になると言えるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です